3日間ヨガ指導者トレーニング

ヨガの指導者として自分の最大限のベストを尽くすこと。当たり前のようでいてとても困難であり、また、何が「ベスト」なのかも意見の分かれることでしょう。常に己を磨き、学び、深め、継続し、還元する。しっかりと地に足を付け、現実を生きる私たちといっしょに指導の道を歩んでいるフランク先生から、さらに深い学びを得る機会がやってきました。

2019年秋の講座は3日間のヨガ経験者向けトレーニングと3時間の一般向けワークショップとなっています。トピックは日替わりとなり、どのトレーニングも今指導の現場に立つ人、ヨガの学びを続けている人、どちらにもぜひご一読いただきたい内容です。
こちらはヨガ経験者向けトレーニングとなっているので、受講資格に関して不安のある方はお気軽にご相談ください。
※全米ヨガアライアンスRYT500(RYS300)必修講座

講座名

3日間ヨガ指導者トレーニング
①10月24日(木)明確な意図を追求する 500 ~アドバンスポーズをどう軽減するのか~
②10月25日(金)座位を紐解く 500 ~座位における足の使い方とその洗練されたアジャストメント~
③10月26日(土)八支則を超えたその先へ 500 ~パタンジャリによるガイドラインをどのように現代社会にいかすのか~

※すべてのトレーニングはポコスタのみで受講可能です。
※こちらは全米ヨガアライアンス継続学習対応講座です(YACEP)。
【RYT500取得希望者】
※他スタジオでのRYS300にはカウントできません。

※当講座はポコスタ「Infinite Ground全米ヨガアライアンス500時間(300時間)コース」の必修コースです。1日単位で単位が認められます。遅刻、早退あった場合は単位取得にはなりません。

講師

フランク・マウロ

スケジュール

10/24・25・26(木金土)
全日とも9:00~18:00

10月27日(日)に開催される3時間WSもRYT500対象講座になります。
>>>Dynamic Breath~「ポーズの中の呼吸」を学ぼう!

講座料金

【一般】3日間 110,000円(税込) /  1日のみ 38,500円(税込)
【ポコスタRYT200修了生】3日間 100,000円(税込)/ 1日のみ 36,300円(税込)
【RYT500コース生】3日間 90,000円(税込)/ 1日のみ 33,000円(税込)

受講資格

すでにヨガの指導をしている方、もしくは全米ヨガアライアンスRYT200、もしくは同程度の指導者トレーニングを受講した経験のある方、もしくはヨガを3年以上継続的に練習している方

※受講資格について不安な場合はお気軽にご相談ください。

定員

各トレーニング16名前後まで

持ち物

動きやすい服装、ヨガマット(※レンタルあり)、汗ふきタオル、筆記用具など

開催場所

あづみのヨガスタジオポコ☆スタ

あづみのヨガスタジオポコ☆スタ

あづみのヨガスタジオポコ☆スタ
〒399-8303
長野県安曇野市穂高796-1
(0263)82-8872

備考

※事前お申込み制
※お申し込みはお支払いをもって完了です。
※キャンセルポリシーあり(1か月前10% 2週間前20% 1週間前50% 3日前100%)

講座内容

RISING INTO CLARITY
-明確な意図を追求する500(アドバンスポーズをどう軽減するのか)-

ヨガの練習を日常的に続けていると、以前よりも自分の身体の筋力や柔軟性が上がり、バランスが整い、そしてより身体の細部にまで気づくようになったと感じることがあります。こういったことは練習を継続することによって経験するかもしれない、いくつかの恩恵といえるでしょう。

しかし、こういった恩恵もまた、正確なアライメントに対するきちんとした意識や努力なくしては得ることができず、さらには必要のない怪我を誘発してしまいます。

アライメントやそのポーズに対する明確な意図といったものは通常、「アドバンス」といわれるポーズやチャレンジングなポーズでは失われがちです。生徒は強い筋力や高い柔軟性を必要とするポーズでは「ポーズをとる」ということにとらわれすぎるあまり、もともと彼らがもっていた基礎に対する精度を失ってしまいます。
この問題に対する解決法としてあげられるのが、「軽減」です。もし最も難しいといわれるポーズたちをどのように軽減すればよいのか、どのようにプロップスを使えばよいのか、そういったことを理解していれば、どのレベルの生徒でもクラスの組み立て(シークエンス)を通して、安全に、効果的にガイドすることができるといえるでしょう。

このトレーニングでは以下のことを学びます:

― 生徒、もしくは自分自身のミスアライメントに気づく
― ポーズの正確な意図を学ぶ
― プロップスを最も効果的に使う方法を理解する
― 生徒、もしくは自分自身にアドバンスポーズへのアプローチ方法を自信をもって伝えられるようになる

THE GROUND OF OF PRECISION
-座位を紐解く500(座位における脚の使い方とその洗練されたアジャストメントについて)-

新しい生徒がアサナの練習を始めたとき、立位のポーズを多く学ぶことから始めます。立位、つまり地面に直接足を付けて立つことで、脚の使い方をさまざまなポーズの中で繰り返し学んでいくことができるからです。
それでは地面に足がついていないとき、例えば座位ではどのように足の使い方を学んでいけばよいのでしょうか。

このトレーニングでは、座位の中での脚の役割を探っていきます。どのように足から強さを得て、そして背骨や呼吸をサポートすることができるのか。
そして座位の中で生徒が得る経験をより深めることができるように、さらに高度で洗練されたハンズオンアジャストメントを学びます。
ヨガティーチャーはもちろん、ヨガの練習を続けている人にとっても座位の機微を理解することによって多くの恩恵を受けることができるでしょう。

8 LIMBS AND BEYOND
八支則を超えたその先へ 500(パタンジャリによるガイドラインをどのように現代社会にいかすのか)

パタンジャリのヨーガスートラは、4つのチャプター(padas)からなる2000年以上前に書かれたものです。深い教え、思慮深い洞察、そして日々ヨガを練習している人々やティーチャーたちにとって重要な枠組みのための貴重なガイドラインがそこには存在します。

たった100年ほど前まではスートラの書物を手に入れることは簡単ではありませんでした。今日、さまざまな言語で翻訳された数百の書物が存在します。その結果、スートラの教えを学び、吸収することが私たち現代を生きる人々にとっても可能になりました。
そのスートラの中でも最も親しまれ、知られている教えが8支則です。8支則はヨガを学ぶ私たちが、人生経験とその実践を深めるために必要な青写真といえるでしょう。

この古代の知啓へ触れることが許される機会が近代において増えるにしたがって、私たちはいくつかの重大な疑問を感じるようになりました。

― スートラはバランスを欠いた社会(や世界)へ応えるために書かれたのか?
― スートラはすべての文化、時代の人々をサポートする意図があったのか?
― 現代を生きる私たちにとってもスートラの教えは適しているのか、そして恩恵を受けることができるのか?もしそうならばどのように?

このトレーニングではヨーガスートラの歴史と目的について学び、さらに深く8支則について考えてきます。どのようにこれらの教えがこの時代の私たちの生活に、いまだ関連しているのでしょうか。簡単なアーサナ練習を行いながら、ディスカッション形式でワークショップを進めていきます。

講 師

フランク・マウロ Frank Mauro

ニューヨークに生まれ、ニューヨークで育つ。幼少の頃より父親を通してヨガのアーサナに触れる。この頃、数えられないくらい多くのヨガの「練習」を父親と共にしたが、自身の探求というよりは父親との関係を深めるためのものであった。
1990年以降、ヨガと瞑想の実践に本格的に向き合い始める。自身のホームであるニューヨークは現代ヨガの首都といわれ、リチャード・フリーマンやジュディス・ラサターといった多くのすばらしいヨガ指導者が存在した。彼ら彼女らの元で学びを深めていくとともに、アメリカ中を旅し、さまざまな実践経験を得る。
1996年、ヨガを教え始める。2001年、当時高い評価を得ていたオームヨガセンター(ニューヨーク)で指導を始める。その後、2004年から惜しまれながらオームヨガセンターが閉鎖した2012年まで、指導者養成プログラムの講師メンバーの一員を務める。養成プログラムではプログラム全体にメイン講師、もしくは共同講師として携わり、数十の講座を教える。中でも彼が担当していた講座のひとつである「初心者の教え方」は、生徒より高い評価と人気を誇る。
2012年、オームヨガセンターで同じくシニア講師として活躍していたヨガ解剖学のジョー・ミラーやエドワード・ジョーンズといった他講師たちとNow Yoga(ニューヨーク)を立ち上げ、2013年よりNow Yoga独自の養成プログラムの指導を開始する。世界で一番のヨガスタジオ激戦区といわれるニューヨークシティでNow Yogaは多くの生徒から支持され、2018年秋、いよいよマンハッタンに待望の新スタジオをオープンすることが決定する。
同2013年、初めて日本に指導のため訪れる。以降、年に2度日本に訪れ、主にTOKYOYOGA、Under the lightヨガスクール(東京)やあづみのヨガスタジオポコ☆スタ(長野)の他、大阪、京都など様々な場所で指導を続ける。2014~2015年には東京エリア最大のヨガ&ライフスタイルイベント「ORGANIC LIFE TOKYO」にてヴィンヤサヨガのクラスを担当する。
現在はニューヨークで自身のスタジオや養成プログラム、多くのプライベートクライアントにヨガを指導する傍ら、日本でも養成プログラム(あづみのヨガスタジオポコ☆スタ)のメイン講師を務める。彼自身がカリキュラムから作り上げ、さらにディレクターを担う全米ヨガアライアンスRYT200認定「Infinite Groundヨガ指導者養成プログラム」は常に進化し、国内でも有数のプログラムへと成長し続けている。

NOW YOGA主催(NYC, USA)
E-RYT500
ヨガアライアンス継続教育プロバイダー

Frank Mauro was casually introduced to yoga asana as a young child through his father. Although there were countless practice sessions in this time period, they served more as a platform to bond with his father than any individual exploration.
It wasn’t until 1990 that Frank fully committed himself to the practice of yoga and meditation.
As a native of New York City, he took advantage of spending years studying with NYC’s most skilled teachers, as well as studying with visiting teachers and traveling through out the U.S. to expand his practice experience.
Frank began teaching asana in 1996, and in 2001 began teaching at New Yorks esteemed Om Yoga Center. He was a member of the Om Yoga teacher-training faculty from 2004 until the studios closing in 2012. During this time Frank had led, and co-taught dozens of teacher trainings through Om Yoga and became the main teacher for the “How to Teach Basics” portion of the teacher trainings.
In 2012 he co-founded Now Yoga in New York City, which has had its own teacher-training program since 2013.
It was also in 2013 that Frank visited and taught in Japan for the first time. Since then, he returns to Japan two times every year to teach in various locations, mostly Azumino, Nagano and Tokyo.
Although living in NYC, Frank is an active member of the Pocoyoga teaching staff in Azumino, Nagano. He founded and directs the Infinite Ground TT program, which is always expanding and developing.
Written July 6, 2018

お申込み

WEBから

こちらよりショッピングカートでお手続きをお願いいたします。
お支払い方法:お振込み、クレジットカード(SQUARE)、スタジオで直接払い
お支払期日:申込みより1週間

※クレジットカードはお申し込みをこちらで確認後、ご登録のメールアドレスにクレジット払い専用のご請求書を送信いたします。そちらから7日以内にお手続きをお願いいたします。
※講座代金合計が100,000円を超える場合、ウェブ上でのクレジットカードでのお支払いが不可となっております。ご不便をおかけしますが、スタジオでのクレジット払いかお振込みをご利用ください。










スタジオで直接&お電話

スタジオにて「WS申し込み用紙」に記入してお申し込みください。
もしくはお電話でも受け付けております。

TEL:0263-82-8872

お支払い方法:現金払い、クレジットカード、楽天PAY
お支払期日:申込みより7日以内

Share This

Share This

Share this post with your friends!