生理学101:呼吸を理解するための基礎生理学

心臓、肺、胃、脳…人間の身体にはたくさんの器官があります。それぞれの器官は、それぞれの役割があり、私たちの身体を今日も生かしてくれています。体の中にはいったどういった器官があって、どんな働きをし、そしてどのように関わりあっているのでしょうか。そしてヨガにおいて一番大切な呼吸をするとき、いったいどのようなことが体の中で起こっているのでしょうか。
自身もヨガを練習し続けて5年という安藤先生(松本歯科大准教授)に、まずは呼吸のための生理学の基礎の基礎から教えていただきましょう。
※全米ヨガアライアンスRYT500(RYS300)必修講座

講座名

生理学3回シリーズ 生理学のススメ
生理学101:呼吸を理解するための基礎生理学

【RYT500取得希望者】
※他スタジオでのRYS300にはカウントできません。

※当講座はポコスタ「Infinite Ground全米ヨガアライアンス500時間(300時間)コース」の必修コースです。3日単位で単位が認められます。遅刻、早退あった場合は単位取得にはなりません。

講師

松本歯科大学 安藤宏准教授

スケジュール

①11/24(日) 生理学って何だろう?
②12/22(日) 神経の不思議
③1/26(日) 血液と筋肉、そして呼吸へ

講座料金

【一般】33,000円(税込)
【ポコスタメンバー】29,700円(税込)
【RYT500コース生】28,600円  (税込)

※基本的に3回シリーズです。単独受講されたい方はご相談ください。

受講資格

オールレベル、どなたでも

定員

20名ほど

持ち物

筆記用具など

開催場所

あづみのヨガスタジオポコ☆スタ

あづみのヨガスタジオポコ☆スタ

あづみのヨガスタジオポコ☆スタ
〒399-8303
長野県安曇野市穂高796-1
(0263)82-8872

備考

※事前お申込み制
※お申し込みはお支払いをもって完了です。
※キャンセルポリシーあり(1か月前10% 2週間前20% 1週間前50% 3日前100%)

講座内容

生理学のススメ
生理学101:呼吸を理解するための基礎生理学

「ヨガ生理学」、最近よく聞くようになりましたが、慣れないとなかなか難しい知識が多いですよね。そんな時「ヨガ」の前に「生理学」の知識があればよかったなあ、と思ったことはないですか?
「ヨガ生理学」、やってみたいけど…と不安な方、「ヨガ生理学」はよくわからないけどヨガをしてみて自分の身体にもっと興味が出てきた!という方、ただただ安藤先生に学んでみたい!という方。まったく知識がなくても大丈夫です。いっしょに私たちの不思議で興味深い身体のこと、学びましょう。

第一回:生理学ってなあに?
1、生理学とは
2、呼吸を理解するために必要なこと
3、生体を構成する主な物質
4、細胞の構造と細胞小器官の機能
5、細胞膜と物質の移動
6、タンパク質と酵素
7、ATPと内呼吸

第2回:神経の不思議
1、神経1:伝導と伝達
2、神経2:末梢神経系と中枢神経系
3、神経3:自律神経
4、神経4:感覚の生じるしくみ
5、神経5:運動の生じるしくみ

第3回:筋肉と血液、そして呼吸へ
1、骨格筋、心筋、平滑筋
2、心臓と血管系
3、血液
4、腎臓と体液の調節
5、外呼吸

講 師

安藤 宏

松本歯科大学准教授。

お申込み

WEBから

こちらよりショッピングカートでお手続きをお願いいたします。
お支払い方法:お振込み、クレジットカード(SQUARE)、スタジオで直接払い
お支払期日:申込みより1週間

※クレジットカードはお申し込みをこちらで確認後、ご登録のメールアドレスにクレジット払い専用のご請求書を送信いたします。そちらから7日以内にお手続きをお願いいたします。
※講座代金合計が100,000円を超える場合、ウェブ上でのクレジットカードでのお支払いが不可となっております。ご不便をおかけしますが、スタジオでのクレジット払いかお振込みをご利用ください。

スタジオで直接&お電話

スタジオにて「WS申し込み用紙」に記入してお申し込みください。
もしくはお電話でも受け付けております。

TEL:0263-82-8872

お支払い方法:現金払い、クレジットカード、楽天PAY
お支払期日:申込みより7日以内

Share This

Share This

Share this post with your friends!