11/23(土)ヴィンヤサフロー120:太陽礼拝編

ヨガの練習をしていると一度は耳にしたことがある太陽礼拝。英語ではサンサルテーション、サンスクリット語ではスリヤナマスカーラといいます。
ポコスタのスタジオクラスでもほとんどのクラスで、クラス前半に行われてることにお気づきでしょうか。
「一日の始まりに、太陽に挨拶し、その恵みに感謝する」という意味がある太陽礼拝。ヨガの基本ポーズばかりが繋がる一連の動作のことを指し、その流れで身体を動かすことで活力を生み、一日を元気に過ごすための準備になるといわれています。

その太陽礼拝にも様々な種類があります。ヨガの流派によって違ったり、身体のどこの部分を意識させるかによっても違ってきたりします。

このクラスではまずはいろいろなタイプの太陽礼拝を実践してみましょう。例えばいつもは吸う時に吐いてみる、吐く時に吸ってみる…いったいどんな感覚の違いを体験できるでしょうか。面白い発見があることでしょう。

12月29日(日)には当スタジオにてスペシャルクラス『2019年ヨガ納め!108回太陽礼拝』がありますので、ぜひご参加ください。

呼吸と共にヨガの楽しさが理解できるクラスです。

講座名

ヴィンヤサフロー120:太陽礼拝編

講師

南澤ひろみ(ポコスタ認定講師&ERYT200)

スケジュール

11月23日(土) 14:00~16:00

料金

体験、もしくはいつものチケットに+500円

受講資格

どなたでも

持ち物

動きやすい服装、ヨガマット(※レンタルあり)、汗ふきタオル、飲み物など

備考

※ご予約は不要です。
※ポコスタの初めての方もご参加いただけます。

今月のスペシャルクラス

【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

7/23(金)陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう 陰ヨガ(静のヨガ)は陽ヨガ(動のヨガ)と相対的な位置関係にあります。陽ヨガは筋肉の力で関節を安定させていきますが、陰ヨガは関節そのものにも刺激を与えて、緩める目的があるため、アプローチする場所を筋肉で安定させる事はありません。 1つのポーズを数分ホールドし、リリースした時のじんわりとした痛みは、血流を上げ必要のない老廃物が流れていく時間です。陰ヨガが終わった後、動いていないのにも関わらず、身体がぽかぽか暖かいのはこの為です。...

続きを読む
Share This