11/1(日)アナトミカルフロー120:内転筋と対話しよう

内転筋、つまり太ももの内側の筋肉が今回の主役です。
内転筋は主に脚を閉じるような動きで働く筋肉なので、日常生活では使われることがあまりありません。
そのため筋力がつきにくい部位になります。

内転筋が弱いと骨盤周りが安定せずに、腰痛やひざ痛、尿トラブルがおこります。
ちなみに脚を細くしたいときもこの内転筋への働きかけが重要となり、意識的にトレーニングが必要なボディメイクには大切な筋肉のひとつです。

スペシャルクラスでは内転筋を働かせ、故靴を深めることを通して内転筋への意識を高めていきましょう。

講座名

アナトミカルフロー120:内転筋と対話しよう

講師
今井恭代(ポコスタ認定講師&RYT500)
スケジュール

11月1日(日) 13:00-15:00

料金
体験、もしくはいつものチケットに+500円
受講資格

筋肉の役割を知りたい方、後屈を深めたい方、脚を細くしたい方、腰痛ひざ痛などの悩みがある方、どなたでも

持ち物
動きやすい服装、ヨガマット(※レンタルあり)、汗ふきタオル、飲み物など
備考
※ご予約は不要です。
※ポコスタの初めての方もご参加いただけます。
今月のスペシャルクラス
【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

7/23(金)陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう 陰ヨガ(静のヨガ)は陽ヨガ(動のヨガ)と相対的な位置関係にあります。陽ヨガは筋肉の力で関節を安定させていきますが、陰ヨガは関節そのものにも刺激を与えて、緩める目的があるため、アプローチする場所を筋肉で安定させる事はありません。 1つのポーズを数分ホールドし、リリースした時のじんわりとした痛みは、血流を上げ必要のない老廃物が流れていく時間です。陰ヨガが終わった後、動いていないのにも関わらず、身体がぽかぽか暖かいのはこの為です。...

続きを読む
Share This