マインドフルネス瞑想入門:マインドフルネスの4つの基礎的手法~自身のマインドを知る~

ヨガといえばポーズをとることばかりに目が行きがちですが、瞑想もヨガの重要な一部です。その瞑想の中でも現代社会で最も親しまれている瞑想法のひとつが「マインドフルネス瞑想」。「マインドフルネス」とはもともと仏教の瞑想法を取り入れて発展し、今では世界的に普及し医療分野や大企業の社会研修にも取り入れられています。とくにこのコロナ禍でストレス過多となった私たちには、とても有効な日々を整える手法だといえるでしょう。フランク先生のマインドフルネス瞑想は、その深い知識と先生自らの経験と思考を基にした、今の時代を生きる私たちにとって日々の生活に取り入れやすい実用的&実践的な内容になっています。

※全米ヨガアライアンスRYT500選択講座
※全米ヨガアライアンス継続学習対象講座(YACEP)

講座名

マインドフルネス瞑想入門:マインドフルネスの4つの基礎的手法~自身のマインドを知る~

※当講座はポコスタ「Infinite Ground全米ヨガアライアンス500時間(300時間)コース」の選択講座です。
※当講座は全米ヨガアライアンス継続学習対象講座(YACEP)です。

講師

フランク・マウロ(ERYT500)

通訳

緒方理子

スケジュール

5月23日(日) 9:00-11:00

講座料金

​(すべて税込み)

5,600円(RYT500受講生)
6,050円(メンバー&一般)

受講資格

瞑想を始めてみたい方
瞑想を練習中の方

持ち物

オンライン受講のできる環境
座りやすい服装、ヨガマット(※レンタルあり)、座布、ブランケット、筆記用具など

開催場所

オンライン

備考

※事前お申込み制
※お申し込みはお支払いをもって完了です。
※キャンセルポリシーあり(2週間前20% 1週間前50% 3日前100%)

※こちらの講座はオンライン開催です。カメラのオン必須になります。
※お申し込み後、クラスルームリンクをご案内いたします。
※受講方法に関しての使い方やQ&Aなどはこちら

講座内容

​瞑想を日常的に練習する人にとって、瞑想とは何か、そしてそのテクニックについて考えを持っている人は多いことと思います。

こういったテクニックは過去数千年にもわたって、私たちのマインドが直面する試練を

克服する治療薬として進化し続けてきました。しかし多くの練習生たちはその手法にばかり目が行き、日々の生活の中で私たちが直面するマインドのさまざまな動きに意識を払うことをしていません。そして残念なことに、マインドについてよく語られることは、「考えすぎは止めなければいけない」「思考は邪魔なものだ」といったものです。

 

私たちが忘れてはいけないのは、瞑想の手法はマインドが思考することを止めるためではなく、自分自身のマインドやそのリズムとより深く、親密なつながりを持つことために開発されたものであるということです。

 

「マインドフルネスの4つの基礎的手法」といった根本的な教えを探求することは、私たちにとって、「瞑想の練習をすることで“何”をしているのか」という疑問だけでなく、むしろより重要な「”誰”のために練習しているのか?」「そもそもなぜ始めたのか?」「ともに在る私たちのマインドとどのようにより親密になることができるのか?」といった疑問を理解する糸口になることでしょう。

 

この2時間のワークショップは4つのセクションに分けられており、各々のセクションで4つの基礎を一つずつ紐解いていきます。

簡単なディスカッション、説明、そして実際の瞑想を各セクションで行います。各セクションは以下の通りです;

体へのマインドフルネス
感情へのマインドフルネス
マインドへのマインドフルネス
ダルマへのマインドフルネス

初心者、経験者、どなたでもご参加いただけます。

 

Most meditation practitioners either know what meditation is or have a pretty good general idea of the techniques involved. And although these techniques have been developed over the last few thousand years to help remedy the afflictions of the mind, most students focus on the methods involved and not so much on the various states of fluctuation our mind experiences throughout an average day. Unfortunately, the common narrative around the mind is, “the thinks too much and must be stopped”, “thoughts are the obstacle”

Remember, these methods were developed not to stop the mind from thinking, but to have a greater and more intimate connection to our own minds and its rhythms.

Delving into such primary teachings like the Four Foundations Of Mindfulness is a valuable gateway for us as meditation practitioners to really understand not only “what” we are doing with our practice, but more importantly, “who” are we doing this for? Why are we even meditating to begin with. How can we become more intimate with the mind we are working with… Our mind.

This two hour workshop will be organized into four sections, each section representing each of the four foundations. There will be a brief discussion, instruction and then actual meditation practice for each. This will include a general look at Mindfulness Of Body, Mindfulness of Feelings, Mindfulness of Mind and lastly Mindfulness of Dharmas

Join Former New York City Om Yoga Teacher, Founding Director of Now Yoga New York and Director of Teacher Training at Pocoyoga Frank Mauro for this meditation immersion. Both beginners and experienced meditators will benefit from this work

 

講 師

フランク・マウロ Frank Mauro

ニューヨークに生まれ、ニューヨークで育つ。幼少の頃より父親を通してヨガのアーサナに触れる。この頃、数えられないくらい多くのヨガの「練習」を父親と共にしたが、自身の探求というよりは父親との関係を深めるためのものであった。
1990年以降、ヨガと瞑想の実践に本格的に向き合い始める。自身のホームであるニューヨークは現代ヨガの首都といわれ、リチャード・フリーマンやジュディス・ラサターといった多くのすばらしいヨガ指導者が存在した。彼ら彼女らの元で学びを深めていくとともに、アメリカ中を旅し、さまざまな実践経験を得る。
1996年、ヨガを教え始める。2001年、当時高い評価を得ていたオームヨガセンター(ニューヨーク)で指導を始める。その後、2004年から惜しまれながらオームヨガセンターが閉鎖した2012年まで、指導者養成プログラムの講師メンバーの一員を務める。養成プログラムではプログラム全体にメイン講師、もしくは共同講師として携わり、数十の講座を教える。中でも彼が担当していた講座のひとつである「初心者の教え方」は、生徒より高い評価と人気を誇る。
2012年、オームヨガセンターで同じくシニア講師として活躍していたヨガ解剖学のジョー・ミラーやエドワード・ジョーンズといった他講師たちとNow Yoga(ニューヨーク)を立ち上げ、2013年よりNow Yoga独自の養成プログラムの指導を開始する。世界で一番のヨガスタジオ激戦区といわれるニューヨークシティでNow Yogaは多くの生徒から支持され、2018年秋、いよいよマンハッタンに待望の新スタジオをオープンすることが決定する。
同2013年、初めて日本に指導のため訪れる。以降、年に2度日本に訪れ、主にTOKYOYOGA、Under the lightヨガスクール(東京)やあづみのヨガスタジオポコ☆スタ(長野)の他、大阪、京都など様々な場所で指導を続ける。2014~2015年には東京エリア最大のヨガ&ライフスタイルイベント「ORGANIC LIFE TOKYO」にてヴィンヤサヨガのクラスを担当する。
現在はニューヨークで自身のスタジオや養成プログラム、多くのプライベートクライアントにヨガを指導する傍ら、日本でも養成プログラム(あづみのヨガスタジオポコ☆スタ)のメイン講師を務める。彼自身がカリキュラムから作り上げ、さらにディレクターを担う全米ヨガアライアンスRYT200認定「Infinite Groundヨガ指導者養成プログラム」は常に進化し、国内でも有数のプログラムへと成長し続けている。

NOW YOGA主催(NYC, USA)
E-RYT500
ヨガアライアンス継続教育プロバイダー

Frank Mauro was casually introduced to yoga asana as a young child through his father. Although there were countless practice sessions in this time period, they served more as a platform to bond with his father than any individual exploration. It wasn’t until 1990 that Frank fully committed himself to the practice of yoga and meditation. As a native of New York City, he took advantage of spending years studying with NYC’s most skilled teachers, as well as studying with visiting teachers and traveling through out the U.S. to expand his practice experience.Frank began teaching asana in 1996, and in 2001 began teaching at New Yorks esteemed Om Yoga Center. He was a member of the Om Yoga teacher-training faculty from 2004 until the studios closing in 2012. During this time Frank had led, and co-taught dozens of teacher trainings through Om Yoga and became the main teacher for the “How to Teach Basics” portion of the teacher trainings. In 2012 he co-founded Now Yoga in New York City, which has had its own teacher-training program since 2013. It was also in 2013 that Frank visited and taught in Japan for the first time. Since then, he returns to Japan two times every year to teach in various locations, mostly Azumino, Nagano and Tokyo. Although living in NYC, Frank is an active member of the Pocoyoga teaching staff in Azumino, Nagano. He founded and directs the Infinite Ground TT program, which is always expanding and developing.
Written July 6, 2018

お申込み
WEBから

こちらよりショッピングカートでお手続きをお願いいたします。

お支払い方法:クレジットカード(SQUARE)

【5月/オンライン】マインドフルネス瞑想(メンバー&一般)¥6,050

申込む

【5月/オンライン】マインドフルネス瞑想(RYT500生)¥5,500

申込む

スタジオで直接&お電話

スタジオにて「WS申し込み用紙」に記入してお申し込みください。
もしくはお電話でも受け付けております。

TEL:0263-82-8872

お支払い方法:現金払い、クレジットカード、楽天PAY、PAYPAYなど

Share This