6/27(日)アーサナ120:ヒップオープン – ハヌマーンアサナ –

足のだるさや重さ、むくみ、しびれ、冷え、様々な不快な症状が現れやすい梅雨時期。
こういった症状は下半身によく現れますが、そのほとんどが、循環の悪さから来ています。
では、「循環」とは一体どんなことを具体的に指すのでしょう。
循環とは、必要な酸素と栄養素が細胞や組織に運ばれていくこと。そして、必要のない老廃物が排出されること。

しかし、コロナ禍の今、座る時間が長くなり、運動をする機会も減っています。
姿勢不良や偏った動作を続けていることで、循環が滞っています。
1日に7時間以上座っている方は死亡リスクが上がるというデータもあります。
滞っている状態は、身体にとってそれほど悪影響になるのです。

身体の中の循環を高めるために、股関節をくまなく動かしていくことが重要になります。
今回のテーマは前後開脚、ハヌマーンアーサナです。
柔軟性の代表とも捉えられるこのポーズは、とてもダイナミックです。
このポーズに取り組んでいくことで、必要な筋肉をつけ、柔軟性を高めていきます。
運動不足の方はもも裏の硬さや鼠蹊部(脚の付け根)の硬さを感じることでしょう。

講座名

アーサナ120:ヒップオープン – ハヌマーンアサナ –

講師

伊藤祐奈(ポコスタ認定講師)

スケジュール

6月27日(日) 13:30~15:30

料金

体験、もしくはいつものチケットに+500円

受講資格

初心者の方、どなたでも

持ち物

動きやすい服装、ヨガマット(※レンタルあり)、汗ふきタオル、飲み物など

備考

※ご予約は不要です。
※ポコスタの初めての方もご参加いただけます。

今月のスペシャルクラス
【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

7/23(金)陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう 陰ヨガ(静のヨガ)は陽ヨガ(動のヨガ)と相対的な位置関係にあります。陽ヨガは筋肉の力で関節を安定させていきますが、陰ヨガは関節そのものにも刺激を与えて、緩める目的があるため、アプローチする場所を筋肉で安定させる事はありません。 1つのポーズを数分ホールドし、リリースした時のじんわりとした痛みは、血流を上げ必要のない老廃物が流れていく時間です。陰ヨガが終わった後、動いていないのにも関わらず、身体がぽかぽか暖かいのはこの為です。...

続きを読む
Share This