「まだヨガの経験が浅いけれど・・・講座を受けてみたい!大丈夫でしょうか?」というご相談をよくいただきます。

RYT200プログラム、100時間講座、ともにヨガ初心者さんでも階段をひとつひとつのぼるようにプログラムされているので、各自のレベルにあわせて学びをすすめていただけます。 また学習の理解度、進度、その他質問やご相談に対しても、細かい、そして全力でのサポートをお約束しています。

確かにすでに経験が多くある方は講座を受講するにあたり、理解がはやかったり、できることも多いでしょう。 しかし経験は誰しも最初はゼロから継続していくうちに積まれていくものですし、初心者のうち受講することでしかわからないこともあります。
「やってみたい!」というやる気と「やる!」という決意、そして「やり続ける!」という継続の気持ちがあれば、経験はあまり気にする必要のないことです。

初心者の方に講座を受講するにあたってのスタジオからのアドバイスは以下の通りです。

  • 分からないことははやいうちに講師に質問。
  • とくに経験が浅いうちは可能な限りヨガのクラスに参加&練習。
  • できないことはひたすら練習。
  • フィードバックは上達への重要な鍵であり早道。
  • 事情で思うように学習をすすめることができない場合はスタッフに早めに相談。
  • 分らないことが分からない、とにかくどうしていいかわからない、そんな時も早めに講師、スタッフに相談。
  • 講座をお休みした場合は後日講師に講座内容を必ず確認。

つまり大切なことは「わからないことはすぐに相談する」「ひたすら経験をつむ」ということだけです。

やる気と決意、そして継続・・・ですが、でもやっぱり最後の一歩を踏み出すのはなかなか難しいものです。 そんな方はまずヨガマットの上にのって、ヨガをしてみましょう。
当スタジオのクラスでもいいですし、他のヨガスタジオさんやヨガクラスでもいいので、まずはマットの上に立って、ヨガをやってみます。 きっと気づきがあるはずです。 百聞は一見にしかず、です。

そしてぜひ、心配事はスタジオにご相談ください。 スタッフはもちろん、フランク・マウロ含む講師陣もご相談には全力でお答えいたします。 一人で悩むよりきっと答えも見つかりやすくなることでしょう。
またこちらでは今までの修了生の方のいろいろな意見をお読みいただけます。 こちらもご参考にしていただけますと幸いです。

またまったくヨガをやったことがない!でもやってみたい!という方、そういう方にこそ、まずはヨガマットにのってヨガをやってみることをおすすめします。
ヨガは老若男女、どんな方もでき、また恩恵もすばらしいものです、が、中にはやはりヨガが好きではない、という方もいらっしゃいます。 マットの上に立ったとき、身体が柔らかい、とか、体力がない、ということはあまり重要ではありません。 ヨガを「楽しい」と感じることができるか、そこを確認してみてくださいね。

Pin It on Pinterest