【Dynamic of Opposites】 ヴィンヤサ&陰&リストラティブ 

相反する2つのヨガによってもたらされるヨガの大きな恩恵を感じてみませんか?

ハタヨガと同じコンセプトを持つ「陰陽」 陽(ハ)のプラクティスであるヴィンヤサヨガと、 陰(タ)のプラクティスである陰ヨガ、リストラティブヨガ の相反する二つのヨガによってもたらされるヨガの大きな恩恵を感じてみませんか?

◎ヴィンヤサヨガ(陽)
「呼吸と動きを連動させる」という意味を持つヴィンヤサヨガ。 呼吸に合わせて流れるようにポーズを行います。連続的にポーズをとることで、集中力が高まったり、血液やリンパの流れを促して、インナーマッスルを鍛える効果があります。
太陽礼拝をベースに、様々なアサナが組み込まれ、運動量は高めです。

◎陰ヨガ(陰)
全てのポーズが床に座るか、横になって行われます。
1つのポーズを長い時間(5分程度)ホールドし、結合組織(関節周りの靭帯や腱)に働きかけていくヨガです。
長時間ホールドすることで、結合組織を柔軟に伸ばし、適度にストレスを与えることで、強くしなやかにする効果があります。
また、「楽すぎず辛すぎないポジション」をご自身で探していくことで、自分と向き合い、「ありのままの自分を受け入れる」作業がリラックス効果にも繋がっていきます。

◎リストラティブヨガ(陰)
リストラティブとは「回復する」という意味があります。
意識を保ったまま、プロップ(ボルスターやブロックなどの補助具)を使って、筋肉の力を使わず、重力に身を任せることで、仮眠やただ横になるよりも深いリラックス効果が得られます。

—————————————–

この陽と陰の性質をもつ3つのヨガをバランスよく組み合わせることで、 心身ともに、必要な部分は鍛え、より深くリラックスが出来るように導いていきます。

ポコスタのRYS200で学んだ基本理念を元に3人の講師が週替わりで担当します。
それぞれ違う個性をもつ3人の講師が創るクラスを是非、体験してみてください!

運動量: ★★★★★
リラックス度: ★★★★★

汗をかきたい
動きたい
内側から鍛えたい
集中力を養いたい
シェイプアップしたい
リラックスしたい
ひとつのクラスでヨガの最大限の恩恵を感じたい

 

Pin It on Pinterest

Share This