ダイナミック オブ オポジット ::: Dynamic of Opposites

「陰と陽」の相反する二つのヨガによってもたらされるヨガの大きな恩恵を感じてみませんか?

ハタヨガの「ハ」は太陽、「タ」は月を意味するサンスクリット語です。
そしてヨガには「つなぐ」「結ぶ」という意味があります。 身体を動かすヨガはすべてハタヨガの参加にあり、ヴィンヤサヨガも陰ヨガも、すべてハタヨガ、陰陽と同じコンセプトを持ちます。
流れるように動いていくヴィンヤサヨガが陽であるなら、あまり動きがない陰ヨガリストラティブは陰のプラクティスです。

「特別な場所に置く」という意味のヴィンヤサは、ひとつの呼吸にひとつの動きをあわせていくヨガです。
呼吸と動きを常にあわせることで筋肉や心臓に強く働きかけることから、現代人に必要な運動不足を解消し、心の安定をもたらします。
人気の高いアシュタンガヨガなどを含め、現在のヨガの大半がこのヴィンヤサスタイルのヨガといってもいいでしょう。
とくにアメリカでは創造性あふれる自由なシークエンスによって、ヨガの新しいジェネレーションを生み出しました。

一方、陰ヨガは動きも少なく、靭帯や腱、筋膜といった結合組織に働きかけます。
肩こりや腰痛などの症状を軽減、緩和、防止するだけでなく、稼動域を広めたり、硬いと感じる部分に柔軟性をもたらすことで知られています。

そして陰ヨガよりさらに陰の要素が強いといえるリストラティブヨガは、身体のさまざまな部分をプロップといわれる道具を使い、肉体だけでなく精神をも究極のリラクゼーション状態に持っていきます。
リストラティブヨガの第一人者ともいえるジュディス・ラセター女史はこのプラクティスを「能動的なリラクゼーション(active relaxation)」と呼んでいます。

陽(ハ)であるヴィンヤサに陰(タ)の陰ヨガとリストラティブを組み合わせることで、心身ともにバランスがとれ、健康的なプラクティスとなります。

Dynamic of Opposites (ダイナミックオブオポジット)は「陰と陽、相反するふたつのヨガによってもたらされるヨガの恩恵」をコンセプトに展開されるポコ☆スタオリジナルのプログラムです。

動きたい
リラックスしたい
内側から鍛えたい
きれいになりたい
シェイプアップしたい
陰陽のヨガでヨガの最大限をひとつのクラスで感じたい

The following two tabs change content below.

yumie

最新記事 by yumie (全て見る)

Pin It on Pinterest