【10/3(日)】ヴィンヤサヨガ120:アームバランスの基本を学ぼう(ひろみ)

【10/3(日)】ヴィンヤサヨガ120:アームバランスの基本を学ぼう(ひろみ)

10/3(日)ヴィンヤサヨガ120:アームバランスの基本を学ぼう 日常生活で意外と少ない腕の動きが【押す】というアクションだということに気づいていますか。普段あまりしない動きのため、意識的に鍛えることをしないと筋力が低下し、転んだ時などに反射的に腕で体を支えることが難しくなります。そのためヨガプラクティスでは、腕で【押す】というアクションのポーズが多くあり、腕の筋力向上や肩周りの安定を目指しています。...
【9/23(木)】アーサナ120:後屈ポーズで胸を開こう(ゆうな)

【9/23(木)】アーサナ120:後屈ポーズで胸を開こう(ゆうな)

9/23(木)アーサナ120:後屈ポーズで胸を開こう 日常の中で、後屈ポーズのように身体を反らせる動きはほとんどありません。ましてやコロナ禍で、パソコンや座っている姿勢が多いということは、猫背の姿勢でいることの方が多いのではないでしょうか。猫背の姿勢は長く続けることで、胸や肋骨周りの動きを制限し、呼吸の機能低下、内臓機能低下、心身のバランスが崩れるなど、本来機能するべきところがスムーズに働かなる可能性があります。...
【9/5(日)】たまごヨガ120:たまごブロックで「不安定」から「安定」へ(ひろみ)

【9/5(日)】たまごヨガ120:たまごブロックで「不安定」から「安定」へ(ひろみ)

9/5(日)たまごヨガ120:たまごブロックで「不安定」から「安定」へ 私たちはヴィンヤサフローのような流れのあるクラスでポーズをとるとき、身体の隅々まで働かせるように努力しています。しかし気づかぬうちに必要なところを働かせ過ぎてしまったり、逆に働かせることができなかったりすることはないでしょうか。その結果ポーズをとっている時、身体が不安定に感じることがあります。 安定したポーズをとるためには、身体の土台=脚をしっかり作る必要があります。立位でも座位でも、その他のポーズでも常に基本は脚です。...
【8/29(日)】ヴィンヤサ120:身体の軸を安定させよう(ゆうな)

【8/29(日)】ヴィンヤサ120:身体の軸を安定させよう(ゆうな)

8/29(日)ヴィンヤサ120:身体の軸を安定させよう 肩こり、腰痛など慢性的な痛みは、ほとんどが姿勢不良から来ています。日常的に猫背や前肩が続くほど、身体のストレスはどんどんと蓄積し、ひどくなってくると痛みが広がったり、しびれとなって現れてくるのです。 肩こりや腰痛の対処として、ストレッチやマッサージなどで緩めてあげる事はとても大切ですが、それだけでは根本的な解決につながりません。 背骨を正しい位置に維持する為には、それを支える体幹部の安定が必要になってきます。...
【8/29(日)】ヴィンヤサ120:身体の軸を安定させよう(ゆうな)

【7/23(金)】陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう(ゆうな)

7/23(金)陰ヨガ120:背骨周りをゆるめよう 陰ヨガ(静のヨガ)は陽ヨガ(動のヨガ)と相対的な位置関係にあります。陽ヨガは筋肉の力で関節を安定させていきますが、陰ヨガは関節そのものにも刺激を与えて、緩める目的があるため、アプローチする場所を筋肉で安定させる事はありません。 1つのポーズを数分ホールドし、リリースした時のじんわりとした痛みは、血流を上げ必要のない老廃物が流れていく時間です。陰ヨガが終わった後、動いていないのにも関わらず、身体がぽかぽか暖かいのはこの為です。...